医療機関での脱毛が痛いわけ

ムダ毛に葛藤する
医療組織で脱毛施術を経験した事例、苦しみに辟易した人も多々あるのではないでしょうか。

そんな訳で、医療脱毛機器はなぜ苦痛の剛性が異なるのかという質問について手軽にに整理てみました。

医療機構に導入されている医療脱毛機器と言ってもいくつかの機種が影響します。

そもそもこの様な医療脱毛とは、発毛を促進する毛乳頭を破壊する行為をいいます。

組織をレーザーの威力で破壊させるのですから、痛さを伴う事はもちろんの原理です。

そんな訳で、なぜ苦痛の剛性の差が出てくるかというと心積もりられる事は、医療脱毛組織の種類による相違、施術を受ける側の痛さの認知の差、施術の部位による痛さの差に分別されます。

最初に脱毛機器の種類による相違ですが、脱毛の影響を目的に、危険性マネジメントを考慮して体毛、肌質、部位ごとに適切な機器を使用される事例が多々ある事が挙げられます。

これにより、患者側が苦しみをどんな感じで感じ取るかという問題があります。

俗には施術箇所により苦しみの剛性があります。

例を挙げると、vIoについていうとvよりもIやoの剛性が高いと言われています。

これは皮膚の薄さのほかにも色素沈着が多々ある事がきっかけです。

もう1つ例にすると、顔の脱毛箇所では鼻の下の苦しみの剛性が高くなっています。

医療組織での脱毛は医療機器を用いるからこそ苦しみが現れると思案するべきです。

クリニックでは麻酔が使用できのでこうした苦しみについてのケアも行われていますが、麻酔の危険性マネジメントも考慮して自らの身を守りましょう。